聖 Jadgement:あなたは自宅で行うことができますレクリエーション活動

聖なる 裁き:自宅でできるレクリエーション活動

COVID-19の状況の厳しい影響を考えると、ほとんどの人は安全のために家にいることが奨励されています。特に他に何もすることがない場合、1つの場所で立ち往生していると気が遠くなることがあります。しかし、あなたは聖なるでここにすべてのこれらの記載された活動をしようとすることにより、価値のある経験にそれを回すことができます Jadgement:

あなたの創造的側面のために

あなたの想像が野生実行してみましょうと、すなわち異なる楽しい活動を試みることによって、あなたの創造的な側面を解き放つ:

書き留め

あなたの考えJottingは素晴らしいです特に家で他に何もしていないことに飽きたら、創造的に自分を表現する方法。将来の心配事、達成しようとしている目標、頭の中で走っている話など、頭に浮かぶことなら何でも書くことができます。あなたはそれらをあなたの個人的な日記に入れるか、あなたのラップトップにそれらをタイプすることができます。この機会を利用して、部屋にいても想像力を未知への冒険のようにさまよいましょう。

読む

書くこととは別に、別の本を読むことも検討できます。ロマンス、ファンタジー、サイエンスフィクションなどのさまざまなジャンルを探索してください。別のオプションは、世界中の人気のある作家による自助本のようなノンフィクションのオプションを選ぶことです。印刷版と電子書籍版の両方をインターネットで見つけることができます。神聖に移動します Jadgementの あなたは生活の中であなたの目標を達成するのを助けることができるいくつかの書籍の推奨事項については、ウェブサイト。

絵画

絵画は、美しい色を楽しんだり、現在の気持ちを説明したりできる治療的な芸術形式です。パンデミックが終わった後、かつて見た風景を追体験したり、行きたい場所を想像したりするのに最適な方法です。ゴッホのサンプル作品をオンラインでチェックして、ゴッホのような史上最高のアーティストからインスピレーションを得てください。

絵を描く絵を描き

たくない場合は、落ち着きがないときはいつでもノートブックで簡単なスケッチをすることができます。テーブルや本棚など、周囲に見えるものは何でも描きます。寝室の窓を一瞥して、外の世界の美しさを次の傑作のインスピレーションとして使用してください。

塗り絵

いくつかの塗り絵を購入して、内なる子供を目覚めさせましょう。塗り絵は子供たちに人気がありますが、喧騒から離れたいと思っている多くの若者から注目を集めています。これは、あなたの仕事がそれらに色を追加することである白黒写真の既製のコレクションです。

ベーキング家でお菓子を焼いてあっという間に

、時間が過ぎていくのを感じてください。それはあなたがあなたの家の快適さの中ですることができる楽しさと儲かる活動の両方です。焼き方がわからない場合は、これが学ぶ機会です。メインガイドとしてさまざまなYoutubeチュートリアルを見て、自分自身を教えてください。さまざまなレシピを試して、新しいことを学ぶプロセスを楽しむことを恐れないでください。家族と一緒にこれを行うこともできるので、みんなが絆を深め、近づくことができます。

健康な体のため

に家にいても健康的なライフスタイルを維持できます。ジムが閉じたかもしれないが、あなたは次のように自宅で行うことができ、いくつかの演習残っています:

ヨガ

ヨガは、あなたの筋肉を調色し、あなたの呼吸を改善することに集中することができ沈静ホームワークアウトです。また、コアを強化し、柔軟性を高めます。これは年齢に関係なく誰にとっても素晴らしいので、家にいる間に試してみてください。必要なのはマットと体を快適に動かすことができる十分なスペースだけです。

体操

A体操トレーニングは、あなた自身の体とは別に、機器のどの部分を伴わない運動の一種です。これは、持久力、柔軟性、調整を改善するので有益です。これらのいくつかの例には、腕立て伏せ、バーピー、スクワットが含まれます。

踊ります

フル回転であなたの家のスピーカーで音楽のビートに合わせてダンスを。ルンバやレゲトンなど、さまざまな種類のダンスに合わせて踊りながら、カロリーを消費することができます。もう1つのオプションは、Youtubeで簡単に検索できるZumbaワークアウトを試すことです。たくさんのオプションから選択して、それらすべての心配とストレスを発汗させてください。

アクティブな心のために

以下の活動を行うことによって、あなたの脳を後押しし、あなたが自宅に滞在している間、アクティブに保つ:

ジグソーパズルを解く

複雑なジグソーパズルを解くことによって、自宅での時間を最大限に活用します。漫画のキャラクターデザインのシンプルなものから、世界中のさまざまなシーンのより複雑なタイプなど、選択できるオプションがたくさんあります。あなたの空想に合った最高のものを選択し、全体像を完成させるために必要なすべての時間をかけてください。

クロスワードパズルに答える

ジグソーパズルの他に、写真よりも言葉が好きな場合は、クロスワードパズルに答えることもできます。これは、脳を稼働させ続けるための優れた方法であり、途中で新しいことを学ぶのに役立ちます。また、今まで聞いたことのない新しい単語を教えてくれます。

いくつかのボードゲームを試す

ボードゲームは、それほど移動する必要のない自宅での楽しいアクティビティに最適です。独占やスクラブルなどのさまざまなオプションから選択できます。これらのゲームはすべて家族向けなので、誰でも一緒に遊ぶことができます。それはまたあなたの関係を改善するために家族全員にとって素晴らしい絆の経験です。

新しい言語を学ぶ

生産性を感じながらも楽しみたい場合は、新しい言語を学んでみてください。世界中に6,000以上の外国語があるので、たくさんの選択肢があります。あなたが勉強を始めるのに最も簡単なものを選んでください。すぐに理解できるように、母国語に似た言語から始めてください。

あなたがあなたのスキルを向上させ、人としてより成長することができるように、あなたの快適ゾーンの外で何かをすることに挑戦してください。一方で、外国に行ったときに会話をしたり、自分の能力に自信を持てるように促したりするなど、たくさんの特典があります。

まず、あなたがしなければならないのは、アルファベットを習得し、一貫してそれを研究することです。新しい単語を知るために毎日少なくとも1時間割り当ててください。そうすれば、それを知る前に、その言語を話すことに慣れることができます。

あなたの娯楽のためにあなたて楽しんでください

が家で立ち往生している間、さまざまなショーや映画を見。詳細については、Holy Jadgementをご覧ください過ごす。

テレビシリーズを

見るさまざまなテレビシリーズを見るのは、ぼんやりとしたように時間をのに良い方法です。さまざまなキャラクターの生活を見て、途中でやってくる障害をどのように乗り越えていくのかを目の当たりにする、他に類を見ない体験です。実写シリーズでもアニメシリーズでも、オンラインで見つけることができるオプションはたくさんあります。あなたの顔に笑顔を与えるものを見つけて、あなたが望むならあなたの愛する人との経験を楽しんでください。

映画鑑賞

面白い映画を見て、家族と一緒に映画の夜を過ごしましょう。また、交代で、それぞれがお気に入りの映画を選ぶことができます。一人で見たい場合は、イヤホンを差し込んだ自分の部屋で見ることもできます。自分とは違う別の世界に連れて行ってくれるリラックスした体験です。

さまざまなジャンルを見つけて、なじみのないさまざまなカテゴリを試してみてください。たとえば、80年代と90年代に人気があった古い映画を見るのは良い選択です。また、字幕付きの外国映画を見つけることができるので、途中でいくつかの新しい単語を選ぶことができます。

ゲームをする

ほとんどの人が家にいるので、オンラインゲームはこれまで以上に人気を集めています。デスクトップコンピュータとモバイルデバイスの両方との互換性があるため、多くの人が選んだ素晴らしい娯楽です。これはまた、勝利を達成するためのさまざまな戦略やトリックを考え出すことにあなたの心を挑戦させます。

ロールプレイングゲーム(RPG)やスポーツをテーマにした試合など、たくさんのゲームカテゴリを見つけることができます。それはあなたがあなたの家を離れることなく世界中の誰とでも競争することを可能にします。また、物理的に一緒にいなくても、親しい友人に試合を挑んで連絡を取り合うこともできます。

聖なるで詳細をご覧ください Jadgement

ここで聖で Jadgment、あなたは生活の中であなたのやる気を引き出すことができますさまざまなセルフヘルプガイドに遭遇することができます。また、仕事を探していて、生活を改善する方法を見つけている人のために、さまざまなヒントがあります。詳細については、今すぐ当社のWebサイトを参照してください。

カテゴリー Blog

Holy Jadgement:必要なセルフヘルプブログ

聖なる 裁き:あなたが必要とする自助ブログ

問題に遭遇することは日常生活の中で普通の出来事です。時には彼らはあなたを引き下げるかもしれませんが、それはあなたが成長し、より良い人になる機会でもあります。、どうしたらよいかわからない場合は、ここで問題に対するすべての答えを見つけてください きゅうりのピクルスに身を包みHolyJadgement。以下、私たちの詳細情報:

聖については、 Jadgement

聖 Jadgment 生活の中で少しプッシュを必要とする人のために作られた自助ブログです。これは、次のような人生のさまざまな分野で問題を抱えているすべての人のために作成されました。

  • 仕事
  • 関係
  • 学校
  • 就職活動
  • 自分自身を
  • 動機付ける実存的危機
  • 彼らの考え方を改善する。

あなたが何を経験しているかに関係なく、あなたがあなた自身の方法でそれを解決する方法は常にあります。 Holy Jadgement は、旅の途中であなたを助けるためにここにありますので、あなたは一人ではなく、どんな挑戦も克服できるので安心してください。

自助が重要である理由

自助は、他の人に頼ることなく、自分の努力とリソースを使って欲しいものを手に入れるアプローチです。これは、次の理由から日常生活に適用する重要な方法です。

  • 自分自身をよりよく知る機会です。

自助計画は、現在の状況に合わせて設計されており、人によって異なります。これはカスタマイズされたソリューションであり、自分を落胆させることなく自分の長所と短所を確認することを教えます。これはあなたにあなた自身についてもっと考えるように促し、あなたがあなた自身についてもっと学ぶのを助けます。順番に、あなたはあなたのために良い将来のより良い選択をすることができます。

  • それは人々にあなたをより良い光で見

させますあなた自身の両足で立つ方法を学ぶことは自助の重要な側面です。あなたは常にあなたのためにそこにいるために他の人々に大きく依存することなく独立する方法を知っているべきです。あなたが一貫してこの習慣を適用しているなら、あなたは彼らの人生を一緒に持っている人なので、人々はあなたを前向きな見方で見るでしょう。彼らはまた、解決策を求めずに自分で問題に対処するためのあなたの努力に感謝します。その結果、あなたは彼らの目にはより信頼できるように見え、彼らは物事が重要なときにあなたを信頼できることを知っています。

  • それはあなたをより賢い人に形作ります

今日のほとんどの若い成人の一般的な問題の1つは、状況が本当にそれを必要とするときに彼らが自分自身を助ける方法を知らないということです。彼らのほとんどは彼らのために彼らの問題を解決するために彼らの両親または他の人々に頼っています。しかし実際には、物事はもはやそれほど簡単ではありません。本格的な大人になるには、自立して決断を下す必要があります。だからこそ、自分の人生の道を切り開き、より賢明な選択をすることができるように、自助を実践しなければなりません。

カテゴリー Blog

留年あるある「勉強はそんなに嫌いじゃない」

僕自身、留年を経験していますが、不思議とというか必然的に周りもそういう人になっていくんですよね。笑

その人達が結構共通して言うのは、

「勉強すること自体はそんなに嫌いじゃない」
「どっちかというと好き」
「でも毎週同じ時間に授業に出席するのが難しい」
「出席点を取る授業は無理ゲー」

ということですね。

これは僕も思っていまして、そういう方がこのサイトに辿り着いてくれたらいいなと思います。

音声を乗っけておきますので、聞き流してもらえると幸いです。
コメントも大歓迎ですし、ツイッターのDMなんかを送ってもらっても大丈夫です。

「自分はこんな感じです」
「ここはちょっとわかりにくいです」
「こういうテーマでも喋ってみてください」
など、些細なことでもいいのでメッセージお待ちしております。

カテゴリー Blog

大学中退して困ったこと「就職に不利」「面接で色々聞かれる」

僕自身、大学を中退しているのですが、就職活動は本当に困りました。
中退経験者は「わかるー」となってくれるでしょうし、中退するかどうか迷っている方は参考にしてください。

「中退したら就職は大変」って、知識としてはみんな知っているんですよね。
ただ、何がどのくらい大変なのかっていうのは意外とわかっていない人も多いのではないでしょうか。

僕の経験と、友人の体験談を交えてお話ししていこうと思います。

音声データを乗っけておきますので、聞き流していただけると幸いです。
コメントや相談も大歓迎ですし、ツイッターのDMなんかを送ってもらっても大丈夫です。

「自分はこんな感じです」
「ここはちょっとわかりにくいです」
「こういうテーマでも喋ってみてください」
など、些細なことでもいいのでメッセージお待ちしております。

初対面の人と打ち解ける方法。使う言葉を合わせよう

初対面の人とお話をする時って、
「なんとなく場の空気がぎこちないなー」とか、
「相手がなかなか心を開いてくれない」とか、
「知っている人とはよく喋れるけど初対面の人は苦手」

っていう悩みはよくありますよね。

今回はこれらのお悩みを解決するための方法を紹介します。

僕自身もともと人見知りですし、吃音で喋るのもあんまり得意じゃないので、
初対面の人と打ち解けるのが得意な方ではないのですが、
とはいえ仕事で喋るので、徐々に上手くなってきたかなと思います。

ですので、ちょっとしたコツをここでお伝えしようかなと思った次第であります。

割と単純な話なんですが、
ワードチョイスや話し方を合わせるというのはとても大切なことです。

例えば僕が服屋さんで服を売っています。

お客様が「紺系で探しているんですけど」って言ってて、
僕が「ネイビーですね」って言ったらちょっとイラッとしますよね。

そこは紺で合わせるべきです。

あなたが「今日の議題は…」って言ってるのに、
僕が「アジェンダ設定をしましょう」みたいなことを言い出したら、これもちょっとイラッとしますよね。

こういったちょっとしたひっかかりとか、ちょっとしたイラっとするポイントをなるべく排除していこうっていうのが今回の話の要旨です。

こういうちょっとしたワードチョイスひとつとっても、なんとなく引っかかりを感じて打ち解けられない時と、
スムーズに会話に入れる時が分かれてきますよね。

他にも、話し始めにつける枕詞であったり、
相槌に使う言葉だったりっていうのも僕は相手に合わせていきます。

チャラい人と話す時はちょっとチャラくなります。
「やばいすね」って言われたら「やばいすね」って言っています。

声の大きさとかトーンとかもなるべく相手に似せるようにします。

おおらかで声の大きい人とは大きい声で喋りますし、なるべく目立たずに静かに過ごしたいタイプの人とは静かにしゃべります。

本当にちょっとしたことなんですが、ワードや話し方を合わせることでスムーズにコミュニケーションに入ることができます。

上手く話そうとか、面白い話をしようとか思う必要はなくて、
違和感をなくしていくということに注意を注いでいきましょう。

更に話を進めますと、一般論として、共通点がある人とは話しやすいですよね。

出身が一緒とか、
歳が近いとか、
趣味が同じとか、
好きな音楽が同じとか、
そういう人とは話しやすいですし、昔からの友達とかだとこういうことをお互い知ってるので、どういった話題を振っていけばいいかっていうのもわかっていて、それだけ話しやすいです。

問題は初対面の人で、
初対面の人の場合、「適した共通の話題がなんなのか」っていうのがわからないところが問題です。

プロフィール表をみたいなものを書いぶら下げて歩いてるわけではないので、
まず出身とか趣味とかを探るところまで行けない場合が多いという話です。

で、僕がさっきお話ししたようなワードチョイスだったり話し方だったりを合わせて、
まずはテンションを合わせましょうということで。

スムーズに会話のキャッチボールができるようになってきて、場が温まってきてから、
プロフィール的な探りの質問を入れていけばいいわけです。

ご出身はどちらでとか、
その靴いいですね。結構手入れされてるんですかとか、
休みの日はどうされてますかとか、

そういう類の質問を入れて何か何かヒットするポイントを見つけてそこから話を膨らませていけば、初対面の人とも比較的容易に距離を縮められます。

今回のワードチョイスを合わせるという話は、それに至るまでのアイスブレイク段階でのアドバイスです。

すごく面白い話をするよりは、減点をなくして話しやすい状態にしましょう、ということです。

また、話し方が似ていること自体が共通点です。
それだけでも共感の度合いが高まります。
スムーズに柔らかい雰囲気で話し始められるように工夫していきましょう。

では、今回はこれぐらいで。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

カテゴリー Blog

モチベーションをあげるにはイメージ力を高めること

自分自身の経験と、いろんな人とのお話を通して強く思うのは、
やる気だったりモチベーションだったりが続かないというところで悩んでいる人は多いなということですね。

「何かわからんけどやる気が出ないなあ」とか、
「努力しても続かない」とか、
「自分って意思が弱いのかな?」とか、
そういった悩みを抱えている人はとても多いです。

で、それを解決していこうという話ではあるんですが。

まず前提として、努力できない人の方が普通です。

世の中の大多数の人はそんな強い意志を持っていません。

なので、自分は意志が弱いからって気に病む必要はありません。

ただ実際問題として、何か目標を達成しようと思ったら努力しないといけないのは当然の話でありまして。

頑張った人と頑張ってない人で結果に差がつくのも当然なので、どうやってモチベーションを高めていくかということについて、少しだけ手助けをしようと思います。

モチベーションを高めるコツは、自分の感情が自分の行動にいつどのように影響を与えるのかということを自覚することです。

そして、多くの人の場合は「こうなりたい」という強い欲求や「こうは絶対になりたくない」という恐怖感がある時に行動に影響を与えます。

単純な話、達成したいと強く思える目標があれば人間は頑張れるということです。

強い気持ちがある時というのは、やる気があるとかないとかの次元を超えて自動的に行動できます。

ただ、日常生活の中でそんなに強い感情が湧くこともあまりないので、それをちょっとイメージ力で補っていこうというのが今回のお話です。

こうなりたい自分だったり、こうなりたくない自分をなるべく具体的にイメージしましょうというのが今回の提案です。

東大を目指す受験生だったら、東大に通っている自分の姿を具体的に想像しましょう。

いきたいなーという曖昧な感情ではなく、
何時ぐらいに起きて、
こういう電車に乗って、
何時にキャンパスについて、
こんなふうに勉強して、
こんな友達ができて、
という事を、短編映画を作れるぐらいリアルにイメージしましょう。

お仕事してる方だったら、
部下に頼られて人気の自分であったり顧客様に感謝される自分であったりをイメージしましょう。

逆に、僕の周りでも結構いるんですが、
家族に愛想つかされて一人ぼっちの人とか、
こうは絶対になりたくないなっていうのを具体的にイメージしましょう。

あとは、会社をクビになって路頭に迷っている自分であったり、悪いイメージでも構いません。

とにかくなるべく具体的に、なるべく鮮明にイメージしましょう。

そして、目標を実現するためであったり、悪いことを回避するために何をするべきかを具体的に考えていきましょう。

東大に受かるためだったら勉強するべきなんでしょうけど、

何をいつまでにどれくらいやるのかっていうのを考えましょう。

家族に愛想を尽かされないために、
日頃からどんな声かけをして、
日頃からどんなふうに気遣いをして、
家族が嬉しい時はこういう時、
悲しい時はこういう時、
といったことを観察するようにしましょう。

目標設定のこととかについては別の機会でお話ししようと思いますので、今回はこれぐらいで。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

カテゴリー Blog

社会人の学び直しは何をしたらいい?○○を読みましょう

最近色々な人とお話をしていて、割と皆さんに共通の悩みっていうのがあるなぁと感じたので書き始めました。

それは、「社会人の学び直しって何?」ということなんですよね。

今の会社には将来性がなさそうだから何かやらないとなとか、
勉強していかないと社会の変化に取り残されてしまうかもしれないとか、
英語を勉強しようかな?資格を取ろうかな?でも特に取りたい資格もないんだけど

といったお悩みを抱えてる人が一定数いるということがわかりました。

僕も考えてはいますが、一番大事なのはズバリこれだというのはわかっています。

それは「教科書を読みましょう」ということです。
中学レベルのものでOKです。

教科書ほど、世の中を生きていく上で必要な情報が網羅的かつコンパクトにまとめられている本はなかなかないですね。

中学の勉強って言うと、年号だったり化学式だったり色々と細かく暗記していかないといけないっていうイメージもあるのかもしれないですが、
そういった細かい暗記事項ではなくて、どういう考え方でその結果に至っているのかというところを学ぶことが大切です。

やはり学校で習うことというのは、仕事をしたり、さらなるステップアップのための勉強をしたりする上で前提となる知識なので。

その理解が不足していると他の勉強も難しくなりますね。

「今さら教科書を読むのなんて馬鹿馬鹿しい」って思う方もいるかもしれないですが、

いざやってみると意外と分かってないことがたくさんあるはずですので、やってみたらいいんじゃないかなと思います。

まずは「分からないことを自覚する」ということが大切です。

で、分からないことが何なのかが分かればそこに絞って重点的に勉強していけばいいので。

分からないことが何なのかを分かる為にも、網羅的に一旦やってみるのはアリなんじゃないかというのが僕の意見です。

そして、本当にやりたいことが出来た時に、そういった基礎学力が身に付いていることがとても大切です。
何かを始めようと思った時のスピードが全然違います。

例えば、「行政書士の資格でも取ろうかな」と思ったとします。

で、行政書士の試験っていうのは憲法、民法、行政法、商法、政治経済が出るんですが、
中学レベルの公民もわかってない人が憲法とか民法とかがわかるのかというと大いに疑問なんですよね。

行政書士の問題集みたいなの買っても結局全然わからなくて挫折するという事が目に見えています。

これはあくまで一例ですが、他の資格とかでも同じです。

まずは情報収集が大切だと思って新聞や経済雑誌を買っても、基礎学力がない人には意味がありません。
そもそも読解力不足で読めないこともありますし、わからない言葉を調べていたら全然進まないということもあります。

せっかくやりたいことができたのに、自分の学力不足のせいで諦めるのは辛いですよね。

あと、社会人の方に中学の勉強をお勧めする理由がもうひとつあります。

大人になった今こそ、「学校や大人のくだらない事情に左右されずに勉強を楽しめる」ということです。

なんとなくイメージつく方も多いと思いますが、
「この先生嫌いだなって思っているうちにその教科ごと嫌いになってしまった事」ってないですかね?

学生は先生を選べないですし、そこは完全に運ゲーなわけですよね。
その運ゲーのせいで自分の将来の選択肢が狭まってるとしたら、それはとても不幸じゃないですかっていうのが僕の意見です。

今となっては勉強のやり方も、ペースも、誰に習うかとかも、
自分で選ぶことができるわけですよね。

今こそ網羅的に教養的な基礎学力をつけるべき時なんじゃないかなと思います。

このやり方は自分に合ってないなと感じたらやめてもいいわけで。
色々やってみて失敗したとしても、失うものは特にありません。

僕も今後、学ぶ意欲のある人たちをサポートできる何かができたらいいなと思ってますので、ご期待くださいませ。

では今回はこれくらいで。
最後まで読んでいただいてありがとうございました !

カテゴリー Blog

一番初めに案を出すアイディアマンになろう

 まあ初めに結論から言ってしまいますとですね「一番初めに案を出せる人間になろう」っていうことなんですけれど、

もうちょっと順を追って説明していきますね。

 こんなことありませんか?ということで、

「職場の空気が重いなあ」とか、
「同じ仕事ばかり繰り返しているなあ」とか、
「会議をしても何も決まらないなあ」とか、
「自分の意見は軽んじられている」とか、

そういう事ってありませんか?ということで、これらの問題を解決するためにどうしたらいいかという話をしていこうと思います。

これはタイトルでも言ってる通り「自分が始めに提案をしましょう」ということです。

「こういうのやってみたらどうですか?」とか言うのを自主的にやってみましょうということです。

はじめはきっと反対されると思いますが、それでもやってみましょう。

僕は服屋さんで働いているんですけれど、
「こういうのを仕入れてほしい」とか、
「陳列をこんな風にしたい」とか、
そういうアイデアを上司に言うんですね。

反対されることもあれば、よしやってみようってなることもあるんですけれど、
とにかくアイディアを出すということがまずは大切です。

初めからパーフェクトなプランを出すことはできないと思うので、その時々の自分にできる範囲でオッケーです。

結局のところ、人の意見の欠点を探すのって簡単なんですよね。

他人の案の粗探しは誰でもできるし、いくらでもできます。

だからこそ自分が初めに何か話して話題を作った方が他の人は話しやすくなりますし、
まあ何か反論されるとしても、
その反論に対する反論を考えるうちに自分の思考力っていうのもどんどん上がっていきます。

これは全体のためでもありますし、自分のためにもアイデアを出す経験は大切です。

感覚的にわかる方も多いと思いますが、
やっぱり何もないところから「何か喋れ」って言われるよりは、
なんかしらの議論のたたき台的なものがあるほうが話しやすいですよね。

何か中心となるトピックがあることで他のみんなも考え始めますし、意見も出やすくなります。

また、その意見を出し合う中で、みんながどういうことを考えているのかとか、
これをやろうとした場合何がネックになるのかということも分かってきますよね。

で、話をしているうちに
そもそも前提がおかしいんじゃないかって気づくこともあり得ると思います。

そういった気付きも黙ってて出てくるものではないので、まずは話してみる、議論のきっかけを自分が作るということをやっていけば、
職場や学校で重宝される人間になれます。

で、ここからちょっとプラスアルファの話なんですけれど、
「一番最初にアイディアを出そう」とは言ったものの、
あまりにも適当で杜撰なことを口走ってしまうと恥をかきますので、
それはやっぱり嫌ですよね。

それなりの完成度まで持っていくためには、やっぱり勉強だったり調べたりっていうことが必要です。

僕も提案をする前には、
街中で色々なショップを見たり、
電車に乗ってる人の持ち物を眺めたり、
雑誌でこんな特集が組まれてましたとか、
心理学的にはこのような傾向がありますとか、

そういう情報を入れた上で「こういう鞄を店に置きたい」って言うんですよね。

そうやって勉強したり調べたりすること自体が自分の成長につながりますので、それこそが一番貴重な時間なんじゃないかなと思います。

結論としては自分がアイデアを出す人間になりましょうということですが、思考と提案を繰り返して周りから一目置かれるようになっていきましょうという話でした。

今回はこのくらいで。
ありがとうございました !

カテゴリー Blog